10/10 今朝の忠類川

今日もどんより曇って、時折小粒な雨が降ったり止んだりです。
今朝の朝イチは10名超のチェックインがあり、それぞれ思い思いの場所へ向かっています。
ただ、昨日の釣果を管理棟の掲示板で見てがっかりしている方もいました。
上流部は日に日に魚影が薄くなっているようです。

そんな中、忠類橋の上流で釣果やらバラシやらがありました。
また、旧ヤナギでも見事にサケが釣れ、「いい出会いができた」とのことでした。
少ないながらもこうして釣ることができるのは、まさに「いい出会い」と言えるのではないでしょうか。

10月9日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0023名・・・0128名・・・1026名
マス・・・0002尾・・・0048尾・・・1420尾
サケ・・・0009尾・・・0107尾・・・0319尾
だいぶC区域の釣果が増えてきたようです。

10/9 今朝の忠類川

今朝はどんよりと曇っていましたが、気温は10度超ほどでした。
時折細かい雨粒が降ったり止んだりでしたが、降雨と言うほどではなかったです。
そんな中、10名ほどの調査員がチェックインしてB区域へ行く人、C区域の上へ行く人C区域の下へ行く人と思い思いのポイントへ向かっています。
なかなかフレッシュなサケに出逢えなく、C区域の中流部より上流では日に日にサケやマスが減っているような気がします。

10月8日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0027名・・・0105名・・・1003名
マス・・・0010尾・・・0046尾・・・1418尾
サケ・・・0021尾・・・0098尾・・・0310尾
だいぶC区域の釣果が増えてきたようです。

10/8 今日の忠類川

昨夜の雨もほとんど影響はなく、忠類橋付近では海から霧が上がってきたりするもののそこ以外では晴天となり、上着を脱いで釣っている方が多かったです。

忠類橋の上流は昨日より魚影が減ったようにも感じましたが、午前中に数尾がエサ釣りで釣れていたようです。
C区域の中流部旧ドラゴンの下も新しい魚体ではありませんがまだ魚影が残っており、カラフトマスも頑張っていました。
C区域の上流部には割と新しい魚体のサケが10〜20尾ほどの群れで居たという情報もあります。
③までサケチャリで行き、河原を上流へ移動。
途中で川を対岸へ渡って行くそうです。
サケが居る場所がまばらで魚影を探すのが大変ですが、あっちこっちに点在しているようですので辛抱強く魚影を探すと釣果が付いてくるようです。
上流域での目安としては、川底の小砂利の一部分だけ色が違う場所。
そんな場所を見つけたら静かに付近を探してみると、魚影がひょっこりと出て来るかもしれません。

10月7日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0023名・・・0078名・・・0976名
マス・・・0011尾・・・0026尾・・・1408尾
サケ・・・0018尾・・・0077尾・・・0279尾
だいぶC区域の釣果が増えてきたようです。

10/7 今朝の忠類川

今朝は曇り空で13度ほどと暖かく、昨日までの寒さが嘘のようですが、週明けからまた冷え込むらしいです。
今日から全区域がルアー・フライ・エサの混合区域となり、朝イチからC区域は10名超と賑わっています。
ただ、魚影が見える場所が少なく限られている状況は変わらないので、苦戦も強いられているようです。
今日は午後から雨が降る予報ですが、忠類川に支障が出るほどは降らないようです。
多少水量が増えても魚影が濃くなってくれると助かるんですが・・・。

10月6日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0011名・・・0055名・・・0953名
マス・・・0008尾・・・0025尾・・・1397尾
サケ・・・0019尾・・・0059尾・・・0271尾
10/6 釣果はまだB区域の方が多いようです。

10/6 今朝の忠類川

今朝は6度位まで気温が下がっています。
天気がいいので、日向ではあまり寒さを感じません。
そうそう、昨日の朝より知床半島の最高峰「羅臼岳」が初冠雪です。
今朝もまだ見えますが、昨日の朝では羅臼岳の他にもいくつかの山々の頂上付近が白く見えたようです。

朝イチのチェックインは3名と、今日も寂しいスタートです。
C区域下流域の流木撤去作業が終わっています。
ヤナギポイント付近から下流域の河原には、大きな流木は無くなりました。
休止日開けで魚影が濃くなっているかと期待していましたが、あまりかわりはないようです。
孵化場前で数尾、ヤナギの下のカーブで数尾程度は見ることができました。
調査員が多いと色々歩く方も出てきますので情報も得ることができますが、調査員が少ない時は情報収集が満足にできず、釣果も増えないようです。
明日から三連休の方もいると思いますが、全く魚影がない訳ではありませんので諦めずに釣果を上げていただければと思います。

また、明日10/7からは忠類川全域(忠類橋より上流)がルアー・フライ・エサの混合区間となります。
議事分の釣り方を考えて周囲にも気を配りながら、楽しく過ごしていただければと思います。

10月4日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0009名・・・0044名・・・0942名
マス・・・0000尾・・・0017尾・・・1389尾
サケ・・・0005尾・・・0040尾・・・0252尾
10/4 釣果はB区域で2尾、C区域で3尾の釣果のようです。

10/5 今日は休止日です

本日10/5(木曜日)は、忠類川の定休日です。
週に一度、川(釣り)を休めて魚を遡上させる貴重な休日です。
明日の金曜日には流木撤去の作業も終わり、孵化場から下流域では河原などの流木はなくなっていることでしょう。
あとはサケの遡上が活発に行われていることを期待したいです。

10/7(土)よりC区域全域がエサ釣り可能な混合区域となります。
これにより忠類橋より上流の全調査区域が混合区間となりますので、お互いに気を配りながら楽しく過ごしていただければと思います。

10/3で今年度の調査申込が全て終了しました。

10/4 今朝の忠類川

10/3で今年度の調査申込が全て終了しました。

10/7(土)よりC区域全域がエサ釣り可能な混合区域となります。
これにより忠類橋より上流の全調査区域が混合区間となりますので、お互いに気を配りながら楽しく過ごしていただければと思います。

明日の10/5(木)は休止日です。

今朝は冷え込み5度位まで下がっています。
朝イチのチェックインは2名と寂しい日が続いています。

C区域下流域の流木撤去作業が続いています。
今日で終了の予定ですが、重機が動く振動と川を移動する時の濁りが下流域のサケの動きに影響しているかもしれませんが、明日の休止日がありますので金曜日からの調査には支障がないと思われます。
C区域の孵化場より上流のサケについては、いくらか減ったようにも思えますが極端な変化はないようでした。

10月3日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0007名・・・0035名・・・0933名
マス・・・0001尾・・・0017尾・・・1389尾
サケ・・・0004尾・・・0035尾・・・0247尾
10/3 釣果のほとんどがB区域での釣果のようです。

10/1から開始(出発)時間と終了(帰着)時間が変わりました。
10/1から11/5の調査時間
開始(出発)時間・・・終了(帰着)時間
7:00・・・・・・・15:30
どうぞお間違えのないようにお願いします。
特に帰着時間は厳守でお願いします。

10/3 今朝の忠類川

本日で今年度の調査申込が全て終了します。
まだ迷っている方は、今日のうちに申込だけはしておきましょう!
最終申込の釣り期間は10/10から最終日11/5です。

今朝は暖かく10度を超えていますが小雨の朝です。
今朝の朝イチでは5名弱がチェックインしています。

本日よりC区域の下流域におきまして河原の流木撤去作業が始まりました。
工期は明日までで、今回の作業範囲は忠類橋から見える範囲とのことで、旧ヤナギポイント付近から河口までだそうです。
ご不便をお掛けしますが、ご了承をお願いします。

今朝、忠類川でニジマスが釣れたようで、サーモン科学館へ確認に来たようです。
魚体のサイズは70cmほどのニジマスで、「おそらくスチールヘッドでしょう」と言うことで持ち帰ったそうです。
釣れた場所や時間はわかりませんが、忠類川での釣りを中断して確認に寄ったそうです。
残念ながら写真は科学館では撮っていないのですが、館長の確認ですから間違いないようです。
アメマスが釣れたりニジマスが釣れたり、忠類川も少しずつ変わってきているのでしょうか・・・。

10月2日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0007名・・・0028名・・・0926名
マス・・・0003尾・・・0016尾・・・1388尾
サケ・・・0009尾・・・0031尾・・・0243尾
10/2 釣果のほとんどがB区域での釣果のようです。

10/1から開始(出発)時間と終了(帰着)時間が変わりました。
10/1から11/5の調査時間
開始(出発)時間・・・終了(帰着)時間
7:00・・・・・・・15:30
どうぞお間違えのないようにお願いします。
特に帰着時間は厳守でお願いします。

10/2 今朝の忠類川

今朝は暖かく10度を超えた薄曇りの朝です。
今朝の朝イチでは5名ほどがチェックインし、3名ほどがB区域へと向かいました。
C区域ですが孵化場前にサケとマスの魚影が見えましたが掛かるのはマスばかり。
その下のカーブでは、数尾の魚影が倒れ込んでいる木を中心に上へ行ったりしたへ行ったりとぐるぐる回っているのが見えました、が 相手をしてくれませんでした。

10月1日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーー1日合計ーー10月合計ーーーー累計
人数・・・0021名・・・0021名・・・0919名
マス・・・0013尾・・・0013尾・・・1385尾
サケ・・・0022尾・・・0022尾・・・0234尾
10/1 釣果の半分ほどがB区域での釣果のようです。

10月3日で今年度の調査申込が全て終了します。
まだ迷っている方は、今日明日のうちに申込だけはしておきましょう!
最終申込の釣り期間は10/10から最終日11/5です。

10/1から開始(出発)時間と終了(帰着)時間が変わりました。
10/1から11/5の調査時間
開始(出発)時間・・・終了(帰着)時間
7:00・・・・・・・15:30
どうぞお間違えのないようにお願いします。
特に帰着時間は厳守でお願いします。

10/1 今朝の忠類川

今朝は放射冷却現象かと思いきや7度ほどまでしか気温が下がらず、7時には10度近くまで上がっていたようです。
今朝の朝イチでは10名ほどがチェックインし、2/3ほどがB区域へと向かいました。
C区域ですが孵化場前にサケとマスの魚影が見え、朝の数時間は絶え間なく誰かが竿を入れているようで、1〜2尾は釣果があったようでした。
その下のカーブでは、数尾の魚影がぐるぐる回っているのが見えましたが、唯一のアタリでオス(80cm)が釣れましたが、後は散ってしまったのか魚影が見えなくなりました。
その後、上流方面へ向かい入口②から入って下手から上手へ川を見ながら入口③付近まで昇りましたが、本流で魚影を見たのは旧ドラゴンの下くらいでした。
魚影が濃くなると付きそうな場所は結構ありますが、こう魚影が少ないとやはり深み付近しか魚影を見ることができないようです。依然として魚影が少ない状態が続いているようですが、魚影も見える場所もあるようで、孵化場横の護岸でも今朝は釣果があったようです。

9月30日の結果(管理棟の掲示板より)
ーーーーー1日合計ーーー9月合計ーーーー累計
人数・・・0021名・・・0605名・・・0898名
マス・・・0013尾・・・1217尾・・・1372尾
サケ・・・0022尾・・・0212尾・・・0212尾
9/30 まだ釣果のほとんどがB区域での釣果のようです。

今日から、開始(出発)時間と終了(帰着)時間が変わりました。
10/1から11/5の調査時間
開始(出発)時間・・・終了(帰着)時間
7:00・・・・・・・15:30
どうぞお間違えのないようにお願いします。
特に帰着時間は厳守でお願いします。